デミオの自動格納ドアミラー(電動ミラー)

デミオを買うにあたって、どうしても付けたかったオプションの一つが自動格納ドアミラーでした。

前の車に乗っていたときは、ドアミラーをたたみ忘れたり逆にドアミラーをたたんだまま走り出してしまったりということが頻繁にあったからです。

スポンサーリンク

エンジンをストップさせたら自動でドアミラーが閉まり、かけたら開く機能が欲しいと切実に思っていました。

ドアロックでドアミラーが閉じる

さて、納車されたデミオに乗って我が家に帰りエンジンを切ってみると……ドアミラーは開いたままでした。
そうなんです。デミオの自動格納ドアミラーはエンジンを切っただけでは閉じないんです。

では、どうすれば閉じるかと言うと、外に出て車の鍵を閉めると閉じるんです。

デミオのドアミラーを閉じる機能はドアロックと連動していました。

たしかに、これなら車に鍵がかかっているか否か、遠くからでも一目で判断できます。
鍵がかかっていればドアミラーはたたまれていて、閉め忘れていれば開きっぱなしということですもんね。

よく考えられているなあ、と感心してしまいました。

エンジンをかけるとドアミラーが開く

自動格納ドアミラーにすると、車の鍵を閉めると同時にドアミラーも閉まります。
ですが、車の鍵を開けてもドアミラーは開きません。

ドアミラーを開く機能は、エンジンの始動と連動しているんです。

つまり、一度ドアミラーを閉じてしまえば、次に発進するときまでドアミラーは閉じたままということです。

買い物から車に戻ってきたあとも、スマホのメッセージのチェックなどですぐには移動しないことがありますよね。キーを開けたときにドアミラーも開いてしまう仕様だと一旦エンジンをかけてドアミラーをたたむ必要が出てきますが、これならそういった手間はいりません。

やはり、よく考えられていますよね。

手動での格納

もちろん、手動でドアミラーを格納することも出来ます。
ドアのアームレストのところに付いている丸いつまみがスイッチです。

 14.59.03

 14.58.15 つまみを回すと、ドアが開閉します。

14.58.5214.58.43

ただ、わざわざ手動でドアミラーを開閉するときというのは、たいてい、狭い場所を通るときか対向車と狭い道ですれ違うときであまり運転に余裕があるときではありません。

贅沢を言えば手動スイッチの形は、つまみを回すタイプではなくボタンを押すタイプであって欲しかったです。

自分が車内に残るときは要注意

ちなみに、運転手が車内でお留守番をするときは、ドアミラーの開閉は手動で行うことになります。

ここが要注意ポイントなのですが、車内からドアロックをかけても(ドアロックノブを押して鍵をかけても)ドアミラーは閉じません。

だから、あくまで手動でドアミラーを閉じる必要があります。

そして手動で閉じたドアミラーはやはり手動でなければ開きません。

ですから、運転手が車内で同行者を待つときは、ドアミラーの閉じ忘れ・開き忘れに気をつける必要があります。

私も既に2回ほど開き忘れて発進してしまったことがあるので、本当に、注意したいです。

スポンサーリンク

 にほんブログ村 車ブログ マツダへ


コメントは受け付けていません。