デミオの運転席の乗り心地

デミオの運転席には、驚きがたくさんつまっています。

驚いて、嬉しくなったからこそ、他社さんのコンパクトカーのシートでは満足できなくなりました。

一ユーザーとして思ったことを率直に書きますね!

スポンサーリンク

アクセルとブレーキの位置が全然違う

デミオのアクセルとブレーキは、他社さんのそれらより、ずっと右側にあります。
具体的には、アクセルが右前方のタイヤの上にあり、ブレーキは他社さんのアクセルと同じくらいの位置にあります。

15.05.29

その為、右足の足元の空間が非常に広いです。そして、自然とくつろいだ姿勢になります。

運転する時に体が縮こまることがないように、設計されているのでしょう。
ドライバーの負担を減らすことを考えて、思い切ってアクセルとブレーキの位置をずらしたことは、とても素晴らしい試みだと思います。

ただ、私は女性なので、スカートで脚を開いて乗ることに抵抗がありました。

けれど、ラクなことはラクなんです。

オルガンペダルと足置き

デミオのペダルはオルガンペダルです。

15.05.34

足の裏全体で、アクセルを踏むイメージです。

私はまだ、このペダルに慣れません。でも、そのうちコツが掴めてくると思います。

そうそう!左足の位置には、足を置く部分があり、ここにベタっと足の裏をつけて乗ります。

 15.05.39

そうるすと、見事に右足と左足の足首が同じ角度で曲がります。

運転姿勢が左右対称になるんですね。

だからなのか、運転中の体の揺れが少なくなりました。

小さな人にも大きな人にもぴったりな運転席

デミオの運転席は、身長が150cmの人でも190cmの人でも、ぴったりとハマるよう設計されているそうです。

実際、私は身長150cm未満だったので、試乗の際、シートとハンドルの位置をかなり動かしました。その時、高さ調節がかなり小刻みに出来るようになっているのを感じました。

15.05.13

シートの高さも申し分なく、視界が狭いと感じることもありません。

今まで乗っていた車は、ちょっとだけハンドルから体が遠かったのですが、それが見事に解消。

運転席が自分のサイズとフィットすると、こんなに居心地がいいのか!とびっくりしました。

ただ、ヘッドレストだけは、一番下に下げていても私には高すぎます(笑)

背中に隙間が出来ないシート

デミオに乗るとき「背中をシートに預けてください」と言われました。
言われるがまま、体をたおすと、すっぽりとシートに埋まります。

そして、背中に隙間が出来ませんでした。

今まで乗っていた車は、座ると腰のあたりに大きなスペースができていました。
運転中も腰がすべるので、信号待ちなどで座りなおしていました。

それは気付かないうちに、疲労のもとになっていたと今は思います。

体に無理な姿勢をさせないためのシート。

とっても気に入っています。

 15.05.20

付け爪が割れないドアノブ

デミオのドアノブは、かなり奥まで指が入ります。

 15.01.10

デミオの女性設計者さんが、ドアノブ部分を深く作って、付け爪をしてても難なく開けられるようにしてくれたそうです。
私は付け爪をしていませんが、ドアを開ける時に力を入れやすいの助かっています。

目線を下げずにナビが見れる

デミオのセンターディスプレイは、車の中央の上方に設置されています。
その為、すっと視線を横に流すだけで、ディスプレイの文字が読めます。

 14.51.04

首を下に下げなくていいので、見るのもラクですし、何より安全だと思います。

後方視界はあまり良くない

お気に入りづくしの運転席の中で、私が唯一不安に思っていることを書きます。

それは、後方視界です。

デミオの後方視界は、あまり良くありません。

このあたりの感じ方は個人差があると思いますが、私は、バックモニターとパーキングセンサーを付けることにしました。
後方視界の良さだけは、正直、他社のコンパクトカーの方が勝っていると思います。

でも、気になる点はそのくらいです。

以上、私がデミオの運転席で驚いたことをまとめました。

運転する人が、車内で快適に過ごせるようにする。

それが、安全運転につながる。

デミオの運転席からは、そんなメッセージを読み取ることが出来ます。

素敵ですね。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。