ガソリンデミオで高速道路を利用したときの燃費と走り心地

ガソリンデミオ(13S Lパッケージ)で高速道路を走ってきました。

走った距離は110km、休憩を挟みながら1時間20分ほど、高速道路でのドライブを楽しみました。

走行中に感じたことやアクティブ・ドライビング・ディスプレイの見え方、スポーツモードの加速、燃費についてまとめます。

スポンサーリンク

燃費を計測するためメーターをリセット

高速道路での燃費を計測するために、インターチェンジの手前でメーターをリセットしました。

リセットするときは、ハンドルの左側にあるINFOボタンを長押し(2~3秒)します。

infoボタン

リセットすると「- - -km/L」と表示されます。

燃費リセット

 

高速道路を走って感じたこと

私は高速道路には1年に1回くらいしか乗りません。
また、デミオで高速道路を走るのは初めてです。
かなり緊張しながら本線に向かいました。
運良く後続車がなく簡単に合流できました。

そして、少し走ってみてすぐに走りやすさを実感しました。

まず、風の影響を感じません。
普段、一般道を走っているときもデミオは風に強いなと思っていたのですが、スピードをあげてもそれは変わりません。
風の抵抗でハンドルをとられる感じがなく、安定していました。

加速と減速も心地よく感じました。
私が走ったときは車が多くて時速75~90km/hをいったりきたり、アクセルも踏んでは離すという状況でしたが、デミオはなめらかに速度を変えていきました。
一般道を走っているときよりもずっとスムーズだったと思います。
エンジンの音がきれいで、急にうねるような音がしたりヒュンと回転数が下がる音がしたりすることはありませんでした。

追い越しの時もそれは変わりません。

私は車線変更が苦手なので追い越しをするのはあまり好きではありません。
まして、高速道路は100km/h以上出して抜いていくことになるので本当に緊張します。

でも、デミオでの追い越しは拍子抜けするほど楽でした。

前に乗っていた車は急加速するとハンドルが小刻みに揺れる感覚があったのですが、そういったことはありませんでした。
風圧で車が揺れることもなく、車が自分の手を離れて前のめりに進んでいく違和感もありません。
デミオは本当にすーっと流れるように加速していきます。
急加速させているのにエンジンの音は静かです。
低い音がゆるやかに厚みを増していく感じで聞いていて怖くありません。

走っていて気持ちいいなと思いました。

アクティブ・ドライビング・ディスプレイが良かった

ドライビングディスプレイ

13S Lパッケージに搭載されている半透明のメーター、アクティブ・ドライビング・ディスプレイ。

一般道を走っているときには気がつきませんでしたが、高速道路ではこれがとても役立ちます。

視点を下げずに速度を見れることがこんなに快適だとは思いませんでした。
運転する緊張感がまったく違います。

アクティブ・ドライビング・ディスプレイがあると、前の車との車間を見たまま速度が確認できます。
追い越ししてる最中に速度を見ることも簡単です。

試しにメーターで速度を見てみましたが、下を向くことになるので怖かったです。
スピードを出しているときに道路から目をそらすことは想像以上に負担になるんですね。
前の車に乗っていたときは、これがなくてよく平気だったなと思いました。

スポーツモードを使うと追い越しが楽

スポーツボタン

スポーツモードはアクセルを踏んだときの車両応答性が高められる機能です。
高速道路での合流や追い越し加速時に使用します。

スイッチはシフトレバーの下にあります。

ドライブセレクションスイッチを前方に押すと、スポーツモードになります。

実際に、追い越しで使ってみると80km/hから110km/hまでがあっと言う間で驚きました。

通常の加速の半分の時間でトップスピードが出たように感じました。

加速中も車は安定していたと思います。

スイッチを操作するために左手をハンドルから離すため少し緊張しましたが、運転していて怖いとは思いませんでしたし、結果として車線変更にかかる時間が短く済むので助かりました。

エンジン音は大きくなります。

スポーツ点灯

また、スポーツモード中はオレンジのランプが点灯します。

走行中、戻し忘れていてなんとなく速すぎるしエンジン音も大きいな?と思っていたときにランプが目に入ってきて気がつくことができました。

平均燃費は25.3km/L

今回の走行データは下記の通りです。

走行距離 約110km
走行時間 約1時間20分(途中1回休憩)
時速    75~90km/hをいったりきたり
最高速度 110km/h超(追い抜き時)

平均燃費 25.3km/L

なお、カタログに記載されているデミオ13S Lパッケージ 2WD AT車の燃費は24.6km/Lです。

今回の走行の平均燃費はカタログ値を上回っていました。

カタログに記載されている燃費は国土交通省の定めるJC08モードという燃費の測定方法で計測されています。

JC08モードではエンジンが冷えた状態からの走行や停止・発進の繰り返しを行うなどが測定の条件となっています。

今回カタログ値を上回ったのは、測定をはじめる前にエンジンが温まっており、また高速道路ということで急停止・急発進がなかったためだと思います。

走行後燃費

休憩を挟んだものの、高速道路の前後の時間も合わせるとトータルで2時間近く走りました。

でも、まったく疲れなかったのは、デミオの走り心地や乗り心地が良かったからだと思います。

また、アクティブ・ドライビング・ディスプレイやスポーツモードなど、高速道路を走る上で役立つ機能の存在も大きかったです。

デミオでは初めての、そして自分にとっても久しぶりの高速道路でしたが、楽しんで走ることができてよかったです。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。