デミオのバックモニターの見え方

デミオにつけたオプションの中で、一番活躍しているのはこれです。

<14モデル(パナソニック)バックモニター>

これがあるのとないのとでは、駐車する時のラクさが全然違うと私は思います。

スポンサーリンク

デミオの後方視界

デミオを試乗した時、バック駐車を体験させてもらったのですが、その時に感じたのが後方視界の悪さです。

直進方向に向かって左側にある駐車スペースに車を止めることになったのですが、左後方を振り返っても窓からは駐車スペースがまったく見えませんでした。

いつも乗っている車からは見えるものが見えないというのは、かなり不安でしたね。

結局、左右の白線をサイドミラーで確認しながら停めました。

実際の後方視界の見え方がこちらです。

まず、後ろ側がこちらです。

14.57.48

左斜め後ろ(死角)がこちらです。

14.57.39

感じ方には個人差があると思いますが、私は「狭い」と感じました。

初めてのバックモニター

バック駐車を体験して、視界の悪さにバックモニターの購入を即断した私ですが、
そもそも今までバックモニターというものを使ったことがありませんでした。

カメラの映像をもとに車を動かすことが出来るのか、使う前は不安でした。
けれど、実際のカメラの映像を見て、その不安はだいぶ薄れました。

バックモニターは、車のこの位置についています。

15.00.36

これが、バックモニターで見た画面です。

 15.06.40
シフトをRに入れると自動的にこの画面に切り替わります。

駐車する時は、左右をサイドミラーで確認し、後方をバックミラーと周囲の景色でチェックしながら止めていく感じです。

デミオのバックモニターは、視線を下げることなく横に流すだけで見れるので、確認はしやすいです。

また、思っていたより広範囲が写し出されるのでほっとしました。

枠線と実際の車の位置

さて、デミオのバックモニターには2本の黄色い枠の線と、赤い線が映っています。
ディーラーからは、この赤い線の真上にリアがあると説明されました。

実際に、黄色い線と赤い線を元に駐車してみようと思います。

1本目の黄色い線の上で止めると、横から見た車の位置はこんな感じです。

 15.01.55デミオバック

 

2本目の黄色い線の上で止めると、横から見た車の位置はこんな感じです。

15.02.0615.03.56

赤い線での上で止めると、横から見た車の位置はこんな感じです。

15.02.1515.04.06

まだ、ちょっと余裕がありますね。
では、駐車場の白線の上で止めてみます。

15.02.22 15.04.18

赤い線は通り越していますが、ちょうどぴったり、ですね。

でも、ちょっとギリギリすぎるかもしれません。

駐車する時は、赤い線よりちょっとはみだしても良く、

駐車場の後ろの白線よりは手前で止めた方が良いようです。

雨の日のバックモニター

ちなみに、雨の日のバックモニターの見え方はこんな感じです。

 12.36.35

やはり、画面に水滴がつくのですね。

この日は、そんなに強い雨ではありませんでした。

台風の日などは、もっと視界が悪くなるのかもしれません。

 

バックモニターを参考にしつつも最後は自分の目で周囲をよく確認して運転するようにしたいと思います。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。